Home  > スポンサー広告 > 攻撃命中率と敏捷レベル補整について。 > DK育成について > 攻撃命中率と敏捷レベル補整について。

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

攻撃命中率と敏捷レベル補整について。

2009/11/17(Tue) 17:50

日の表と数値から敏型と力型の特徴は理解できたと思います。
今回はさらにブロック率(攻撃失敗率)を追加してより実践的なチャートにします。

まずブロック判定の計算式ですが
mob回避定数/自命中定数-(0.1)×(1-(攻撃者Lv-被攻撃者Lv)×0.05)×100=ブロック率
となります

例:レベル100・敏捷100のDKがレベル100のmobを攻撃した場合(mobの回避定数は300とする)
(300/1250-0.1)×(1-(100-100)×0.05)×100=0.14×1×100=14%
この場合14パーセントの確率で攻撃が外れる。ということになります。
なお命中定数の算出方法はステータス画面で定数自体が直接確認できるので割愛します
mobの回避定数はデータもなく算出方法も考えられなかったので想像の数値を挿入しています。
この定数をaとしても各ステータスの数値の差は変らないため今回は分かりやすいように300を挿入しました。(おそらく200~600の間に設定されておりmobによって異なっていると考えられます)

て以上の計算式を実際に各タイプごとに挿入した結果が以下です
回避

体的な%の数字自体は回避定数が不能であるため何とも言えませんが
各タイプごとの%の差自体は信頼できるデータです。
レベル補整等によりますが力型と敏型では約10%ほど命中率に差が有ると判断できます。
注目してほしいのはmobのレベルよりもキャラのレベルが下がるほどブロック率の差は小さくなり、
上がるほどブロック率の差が大きくなるということです。
このことから命中の数値に一番大きく影響するのはレベルということが判断できます。
そして差が殆どなくなると当然力型が有利となります。
つまり、通常攻撃による与ダメージのみで考えれば各上~同格、若干下当たりまでは敏型が有利。
それ以降の格下レベル相手には力型が有利と読み取ることができます。

では各タイプに実際にこのブロック率を挿入して考えてみます。
らすと

このような結果になりました。
同格mob相手には敏剣が手数最多、敏槍が与ダメ最大(通常攻撃限定)となりました。
パッシブやスタイルにより多少の変化は考えられますが基礎の性能は以上の通りです。

以上より僕としてはバランスタイプ=敏槍 KB職人=敏剣 このステ振りをお勧めします
スポンサーサイト

Category:DK育成について

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。